So-net無料ブログ作成
検索選択

激辛カップ麺


img171.jpg

先日、昼食でコンビニのカップラーメンを食べた。
カップ麺といっても、ありきたりな味は食べ尽くしているので、何か変わった商品が無いかと陳列棚を眺める。
すると、一つのパッケージに目が止まった。

辛辛魚。


img172.jpg
勘亭流っぽいイカつい書体で、大々的に「辛辛魚」と、赤黒い字で書かれている。
手に取って蓋のイメージ写真に目をやると、麺やスープよりも存在を自己主張しているのは、業火の如く真っ赤な粉であった。

粉状に加工されたトンガラシの山が、スープの上に浮遊しているのだ。
このビジュアルを見ただけで、これはヤバイ食品であると、十分直感できたのだが……。


img173.jpg

買ってしまった。

私は大変臆病な性格で、チャレンジには消極的なのだが、とびきり辛い物は大好物だ。
狂気を感じるイメージ写真に、最初はドン引きしたのだが、食べた時の舌を焼く辛さを想像すると、唾の分泌がどうしても盛んになってしまうのである。

そして悩んだ末、購入を決断。
リスクを冒してでも、辛い物を食べたいという欲求が勝った瞬間であった。

お湯を入れて、5分。
袋に入った赤い粉を全てぶち込んで完成。


img174.jpg

……うん、やっぱり見た目がすでにアレだ。
元々かなり濃いオレンジ色だったスープが、真っ赤な粉末を投入することで、地獄のマグマのように赤黒く変色した。
スパイスの量を考慮せず、ありったけ入れてしまった事に後悔すると同時に、微かな恍惚を禁じ得無い。

いよいよ一口目を啜る。

辛い!

予想を裏切らない辛さだ。
というか熱い。いや痛い。そしてむせる。
スパイスの成分が「これでもか!」というくらいに、口内を刺激してくる。

しかし、ただ辛いだけではなく、その中に魚介の旨味が混ざっているのだ。
正確には、これはカツオの香りだろうか。
魚の旨味が食欲を掻き立て、燃えるような辛味と刺激味に苛まれながらも、食べ続ける事をやめられない。


img175.jpg

辛さを体感すればするほど、もっと味わいたいという中毒的欲求が現れ、麺を食すだけでは飽き足らず、赤黒い溶岩のようなスープを飲んでみる。

辛い!辛い!辛い!辛い!辛い!辛い!辛い!かr(以下略
でもやっぱり旨い!!!

もうこの時点で、口の神経がマッハだ。
あと、スープで腹が満たされてゆくごとに、胃が燃えるような感覚がしていたが、もはやそんな事はどうでもよく、美味すぎたので全て飲み干した。

大満足である。














3時間後











img177.jpg

夕方の休憩中にコーヒーを飲んでいると、胃腸に違和感を覚えた。
水分を摂取する事で、固まっていた便がゆるくなっているのだろうが、それだけではなさそうだった。

腸のあたりが痛い……いや、熱い……?

胃の下部にある内臓の中で、何かが煮えたぎっているような感覚がするのである。
外部からではなく、内部からヒリヒリと焼けるような感じだ。

という異変に気がついてから、猛烈な便意を催すまでに、さほど時間はかからなかった。
ただの大便ではなくて、何かとても良くない物が、肛門手前に差し掛かっている。
腸を捻られているような痛みと格闘しながら、急いでトイレに入った。


img178.jpg




img179.jpg




img179.jpg




img179.jpg




img179.jpg




img179.jpg




img179.jpg




img179.jpg




img180.jpg




img181.jpg

ア●ルが! アナ●が燃えている!!

我慢した後の用足しは、極楽のような快感に浸れる事が多いのだが、今回は違う。
尻穴を焼かれるような激痛。
痛いというよりは熱く、まるで肛門から溶岩を出しているかのようだった。

どうにか奔流が落ち着いたので、自分の排泄物を恐る恐る見たところ、そこにあったのは火焔のように真っ赤なウ●コであった。
原因は言うまでもなく、数時間前に食べた激辛ラーメンだろう。
あの時、山のように摂取したスパイスが消化される事なく、そのまま排泄されてしまったのだ。

辛味の耐性は十分あると自負していたのだが、よく考えると自分は胃腸が貧弱なほうで、刺激しかないスープを飲み干すなど、やめておくべきだったのかもしれない。
これでまた一つ、教訓を得ることができた。

激辛の食事とは、食べた後が怖いのだと。



人気ブログランキングへ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告
広告

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。