So-net無料ブログ作成

カフェvs図書館vsマクドナルド


私は、文章を執筆する時に、図書館もしくはカフェに出かける事が多い。
大長編の文章を執筆するために、特に静かな環境で作業したい時には図書館を、このブログ記事のような短めの文章を書くために、短時間で集中したい時はカフェを使う事が多い。

img207.jpg

どちらも作業環境として申し分ないのだが、最近ある悩みに直面した。
まずはカフェだが、コーヒーの値段が高いのである。

カフェドリンクの割高感は否めず、コンビニなら100円で済むコーヒーが200円とか300円とかするのは、酷な話ではないか。と、実は思っている。店内の設備使用料だと割り切って、投資するようにしているのだが、どうしても利用料無料の公共図書館と比較してしまう。

img208.jpg

「じゃあ、毎日図書館へ行けばいいじゃん」という結論に至るが、図書館は図書館で欠点がある。私はネットで調べ物をしながら文章を書く事が多いのだが、図書館ではwifiが使えないのだ。逆に言えば、カフェの利点はインターネットが使えるという事なのだが、やはり相応の代金がかかってしまう。

img209.jpg

ネットが使えるが割高なカフェと、お金は不要だがネットができない図書館。それぞれ一長一短と言える。安くてwifiが使える場所が、どこかにないものかと悩んでいたところ、意外なスポットを発見した。

img210.jpg

マクドナルド。
(マックカフェではなく、普通のマクドナルドである)

しばらく行っていなかったが、子供の頃から馴染み深いハンバーガー屋だ。
このファーストフード店が、私の気づかない間にwifiを導入していたのだという。

これは吉報だ。
マクドナルドなら、アイスコーヒー(S)が一杯100円で、カフェのように高い料金を取られる事はない。しかも、店舗が自宅近所にあるため、電車賃もゼロ。ぜひ一度試しに作業してみようと思い、アイスコーヒーを注文。久しぶりに店内に入り、椅子に腰掛ける。

ノートPCを開きwifiに接続。あっさり繋がった。感度良好である。
「安くてネットができる環境を発見したぞ!」
と、内心で喜び、作業開始。


30分後。

作業をしながら、ストローでコーヒーを飲んでいると「ズズズッ、コォーッ」という、音と共に、液体ではなく空気が喉を通る感じがした。

「あれ、もうなくなったのか?」と思い、カップを持ち上げる。
紙カップはずっしり重く、空っぽではなさそうなのだが……。
フタを開けて中を確認、するとーー、

img211.jpg

氷しか残っていない。

大量の粒氷がカップの1/3くらいに入っているだけで、コーヒー本体は綺麗に失われていた。ここで私はようやく、マクドナルドのコーヒーが安い理由を察する。

そもそも、コーヒーの質量がカフェとは違うのだ。それなりの量が入っているように思えて、実は氷の質量が多くを占めており、だから安かったのである。他にも、味の深さが全然違っていたりと、気になる事はあったが、安い最大の理由は氷の量ではないかと思う。

言われてみれば当たり前の事に気づき、なんとなく侘しい気持ちになったが、気をとりなおして作業再開だ。


10分後。

昼過ぎになって、高校生の集団や子連れファミリーが、大挙して店内に押し寄せてきた。
それもそのはずで、ここはビジネス街などではなく、普通の住宅街の駅前にある店舗。
学生や親子の利用者が多いに決まっている。

img212.jpg
img213.jpg

静かだった店内は瞬く間に、若者やファミリーの大笑い声で賑わって行った。

img214.jpg
img215.jpg

全然集中できない(泣)

結論:マクドナルドを作業スペースにすべきではない。
(ビジネス街にある店舗なら、いざ知らず)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告
広告

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。