So-net無料ブログ作成

整形外科の「引っ張る椅子」


椎間板ヘルニアという病気を患ってしまいました。

最近「どうも腰が痛いな〜」と思い、近所で流行っている整形外科に行ったのですが、そこで即座にヘルニアと断定。
あっさり病名を言い渡された時は「マジか〜!」と思いましたね。
医者の先生曰く、背中が曲がりすぎて背骨が一個飛び出てるんだとか、なんとか。

img221.jpg

それで、体をまっすぐ矯正するリハビリをしているのですが、そのために毎回、胴体を自動で引っ張ってくれる椅子に座って治療を受けています。
それで思った事について書こうと思います。

kugirisen.jpg


身体を自動で牽引してくれるハイテクな椅子。
座ってシートベルトを閉め、スイッチを入れると、ゆっくり椅子が後ろに倒れてゆく。
リクライニングで背もたれが倒れるのではなく、座面に腰掛けたポーズのまま全身丸ごと90度倒される感じで、日常生活ではなかなか体験できないポーズ。



img222.jpg


img223.jpg

座ったままの格好で仰向けになり、胴を引っ張られ始める。
これが、なかなか心地よい。

img224.jpg


15分くらいで治療が終わり、倒れていた椅子が90度起き上がり、元の姿勢へ戻される。
ゆっくりと仰向けのまま、起き上がってゆくーー。


img225.jpg
img226.jpg
img227.jpg


この起き上がる時に、私はデジャブのような感覚がしたのだ。
この、ゆっくりと起き上がる場面は、どこかで目にした覚えが……。
そう思い、記憶をたどり始める。





確かにどこかで見た気がするーー……。





どこだったか……?





あっ!

img228.jpg
img229.jpg

スターウォーズEP3「シスの復讐」の、ダースベイダーが誕生したシーンそっくりや!!

あの漆黒のマスクがゆっくりと起き上がって来るシーンのインパクト、とても衝撃を受けた記憶がある。「こうやってベイダー卿が誕生したのか!」と。
自分の身体が起き上がってゆく今回の体験を、あの名シーンと重ね合わせてしまったのである。

img230.jpg

そういうわけで、少しの間ベイダーになった気分を味わえたのであった。

kugirisen.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告
広告

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。